留守宅を管理するサービスを駆使して空き巣を撃退しよう

専門家による正確な調査

工事現場

土地家屋調査士はその名の通り土地や家などの建物を調査し、登記の申請業務などを行う専門家です。東京都などの都市部では住宅が密接しているため、土地の境界線で近隣の住人とトラブルになることも少なくありません。先祖から受け継いだ土地や、土地を購入してから年月が経つと、住人もハッキリした境界線がわからない場合があります。そこで注目されているのが、国家資格でもある土地家屋調査士の資格を持ったプロです。東京での近隣トラブルはひどい場合は裁判に発展することもありますが、土地家屋調査士に土地の測量を依頼することで改めて境界線を確認することができます。法務局に登記している実際の境界線と、トラブルを起こしている当事者が思う境界線の違いが明らかになるので、お互いの誤解を解く手助けにもなります。また、当事者の話し合いや現地の調査をもとに、新たな境界線を登記しなおすこともできます。このように土地家屋調査士が間に入ることにより、裁判にお金や時間をかけなくてもトラブルを解決できるため注目されています。土地の境界線は、東京の土地を売りたい場合や、使用目的を変更するといった場面でも重要になってくるので、近隣トラブルに限らず土地家屋調査士に測量を依頼するひともいます。地域に密着した会社の場合、土地家屋調査士がその土地の慣習などに詳しいといったメリットがあるので、東京で土地家屋調査をお考えのかたは一度無料相談を受けてみるのもオススメです。